典獄(読み)テンゴク

大辞林 第三版の解説

てんごく【典獄】

監獄で、事務を扱う官吏。
旧制で、監獄の長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐ごく【典獄】

〘名〙
① (「でんごく」とも) 監の事務をつかさどる職。また、その人。
※サントスの御作業(1591)二「tẽgocu(テンゴク)ノ クヮンニンヲ メリシテ」 〔書経‐呂刑〕
旧制の、監獄の長。監獄の事務を掌り、部下職員を監督する奏任官。現在の刑務所長。
※朝野新聞‐明治二一年(1888)九月五日「新保獄が府会議員の診断書閲覧を拒みたるより」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の典獄の言及

【行刑】より

… 1908年,刑法の施行に伴い,監獄法,同施行規則の現行体制が発足した。24年には,行刑刷新の下,監獄を刑務所,典獄を刑務所長など用語の改正が行われ,また,33年には,受刑者の発奮努力による改悛を掲げて,4級から1級に至る進級に応じて細かな特典の増加と自由の拡大を規定する行刑累進処遇令が制定された。これらを経て,多くの受刑者を軍需工場や南洋諸島で使役した戦時行刑につらなっていく。…

※「典獄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

典獄の関連情報