コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

典鋳司 テンジュシ

大辞林 第三版の解説

てんちゅうし【典鋳司】

〔「てんじゅし」とも〕
律令制で、大蔵省に属し、金属器・ガラス器・玉器の製作に携わった官司。774年、内匠寮に併合された。いもののつかさ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の典鋳司の言及

【鋳物師】より

…飛鳥時代以後,造仏の盛行により鋳造技術も著しく進歩した。鋳工は畿内を中心に山陽道,大宰府等の各地に散在していたが,律令制下,大蔵省被官の典鋳司および鋳銭司,諸寺院の鋳物所などに組織された。しかし典鋳司は実質的には機能せず,728年(神亀5)内匠寮に併合される。…

※「典鋳司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

典鋳司の関連キーワード七宝(工芸)鍛冶部鋳物師内匠寮雑戸玉器

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android