コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼松房治郎 かねまつ ふさじろう

3件 の用語解説(兼松房治郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼松房治郎 かねまつ-ふさじろう

1845-1913 明治時代の実業家。
弘化(こうか)2年5月21日生まれ。兼松家の養子となる。三井組につとめ,明治17年広瀬宰平らと大阪商船を創立。20年「大阪日報」を買収,翌年「大阪毎日新聞」と改題して発行。22年神戸に豪州貿易兼松房治郎商店(現兼松)を創設,羊毛の輸入,陶器の輸出などをおこなった。大正2年2月6日死去。69歳。大坂出身。本姓は広間。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

兼松房治郎

没年:大正2.2.6(1913)
生年:弘化2.5.21(1845.6.25)
明治期の実業家。兼松商店主で豪州貿易の先駆者。大坂生まれ。幕末に各開港場での取引経験を有し,明治6(1873)年三井組銀行部に入り,大阪商人の民間資金運用を通して台頭。大阪の米商会所商法会議所の設立に関係し,大阪商船の設立発起人となる。『大阪日報』を買収し,21年『大阪毎日新聞』と改め,今日の『毎日新聞』の基礎を造る。さらに当時の米の輸出先が米豪であった点から,豪州に関心を持ち,毛糸紡績の勃興にあわせて羊毛原料の直輸入に乗り出し,22年には豪州貿易兼松房治郎商店を開業した。個人商店の性格を希薄にさせた従業員持株制度は同店の特徴。また公益寄与を体現したのが東京商大(一橋大)の兼松記念講堂などである。<参考文献>兼松社史編纂室編『KG―100』

(籠谷直人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兼松房治郎
かねまつふさじろう
(1845―1913)

実業家。貿易商社兼松(現、兼松株式会社)の創業者で、オーストラリア貿易の開拓者。大坂の広間家に生まれる。商家奉公ののち江戸に出て武家に勤め、兼松家に入る。1873年(明治6)三井組に入り、81年退職。翌年大阪商船の創立に参加して取締役となるが、86年辞職。その後大阪毎日新聞の経営に携わり、またオーストラリアとの直貿易を企図して87年に渡豪。89年神戸に濠州(ごうしゅう)貿易兼松房治郎商店(1898年兼松商店と商号登記)を開業、翌年シドニー支店を開設した。日豪羊毛通商史に名を残し、中国貿易にも進出した。神戸築港運動や羊毛、肥料の輸入関税撤廃運動に奔走した。[前田和利]
『兼松株式会社編・刊『兼松回顧六十年』(1950)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兼松房治郎の関連キーワード実業家店主小林富次郎(2代)塩野長次郎鈴木よね戸田実西村治兵衛三田義正矢野慶太郎

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone