兼重 暗香(読み)カネシゲ アンコウ

20世紀日本人名事典の解説

兼重 暗香
カネシゲ アンコウ

明治〜昭和期の日本画家 日本美術協会幹事。



生年
明治5年3月17日(1872年)

没年
昭和21(1946)年11月2日

出生地
山口県吉敷郡大歳村(現・山口市)

本名
兼重 梅子

別名
別号=暗秀

学歴〔年〕
頌栄女学校卒

経歴
5歳の時に病気で両足の自由を失う。父の転居に従って上京し、手押し車に乗って頌栄女学校に通った。明治22年頃から伯父で洋画家の河北道介から絵の手ほどきを受けるが、屋外での写生が困難なため間もなく南画に転じ、閨秀画家の野口小蘋に入門。花卉の画を得意とし、35年日本美術院展に出品して高い評価を得て以来、文展や帝展での入選・入賞は20回以上に及んだ。昭和5年には日本美術協会に入会、師の小蘋の没後には同幹事を務め、協会の中心として活躍。また、香風会を主宰した。太平洋戦争中に郷里山口に帰り、21年同地で没した。作品に「花卉」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android