コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河北道介 かわきた みちすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河北道介 かわきた-みちすけ

1850-1907 明治時代の洋画家。
嘉永(かえい)3年生まれ。川上冬崖(とうがい),アベル=ゲリノーに洋画をまなぶ。明治7年陸軍士官学校図画教授掛。22年教授となり30年までフランスに留学し黒田清輝(せいき)や久米桂一郎と交わる。33年パリ万国博事務官として再渡欧,34年帰国後は開拓事業に専念した。明治40年死去。58歳。長門(ながと)(山口県)出身。作品に「自画像」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河北道介の関連キーワード兼重 暗香明治時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android