コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内国取引の保護 ないこくとりひきのほご

1件 の用語解説(内国取引の保護の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内国取引の保護
ないこくとりひきのほご

国際私法により準拠法とされる法律が外国法である場合,国内の取引法秩序の安定と保護のために,一定の範囲で外国法の適用を排除し,内国法を適用すること。法例3条1項は行為能力について本国法を準拠法としているが,その2項において,外国人が日本で行為した場合には,準拠外国法上無能力者であっても,日本法によれば能力者として扱うことにしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内国取引の保護の関連キーワード外国法挙行地法行為地法準拠法所在地法反致法律回避本国法内国法遺言の方式の準拠法に関する法律

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone