コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内国取引の保護 ないこくとりひきのほご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内国取引の保護
ないこくとりひきのほご

国際私法により準拠法とされる法律が外国法である場合,国内の取引法秩序の安定と保護のために,一定の範囲で外国法の適用を排除し,内国法を適用すること。法例3条1項は行為能力について本国法を準拠法としているが,その2項において,外国人が日本で行為した場合には,準拠外国法上無能力者であっても,日本法によれば能力者として扱うことにしている。これは日本での取引においては,相手方の本国法を知らなくても安心して取引できるようにしたものである。また法例 15条1項は夫婦財産制について外国法が準拠法となる場合を想定しているが,2項および3項で内国取引の保護をはかっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android