コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内村鱸香 うちむら ろこう

1件 の用語解説(内村鱸香の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内村鱸香 うちむら-ろこう

1821-1901 幕末-明治時代の儒者。
文政4年4月5日生まれ。貫名海屋(ぬきな-かいおく),篠崎小竹(しょうちく)にまなぶ。元治(げんじ)元年帰郷して出雲(いずも)松江藩主松平定安の侍講をつとめる。維新後は師範学校などでおしえた。明治34年5月22日死去。81歳。名は篤棐。字(あざな)は子輔。通称は与三郎,友輔。著作に「通鑑擥要(つがんらんよう)補注」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内村鱸香の関連キーワードブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術正岡子規前田元温前田信輔アメリカ音楽

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone