内田平四郎(読み)うちだ へいしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田平四郎 うちだ-へいしろう

1839-1910 明治時代の殖産家。
天保(てんぽう)10年生まれ。駿河(するが)吉原宿(静岡県富士市)の人。明治2年富士山麓の内山入会地の開拓をこころざしミツマタなどを栽培,愛鷹(あしたか)山麓の村々にもすすめて生産増強をはかる。12年手漉(てすき)和紙工場の鉤玄(こうげん)社を設立。近県にミツマタの栽培法をつたえるとともに,製紙の改良につとめた。明治43年死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android