内田康夫(読み)うちだ やすお

  • うちだやすお〔やすを〕
  • 内田康夫 うちだ-やすお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1934- 昭和後期-平成時代の推理作家。
昭和9年11月15日生まれ。コピーライターなどをへて,昭和55年「死者木霊」で作家デビュー。フリーライター浅見光彦が活躍するシリーズなど,本格推理小説定評がある。平成20年日本ミステリー文学大賞。東京出身。東洋大卒。作品に「後鳥羽伝説殺人事件」「遠野殺人事件」「の下にて」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

[1934~2018]推理作家。東京の生まれ。コピーライターを経て作家となる。トラベルミステリー「浅見光彦」シリーズなどで知られる。多くの作品がテレビドラマ化され、人気を博した。他に「岡部警部」シリーズなど作品多数。平成20年(2008)功績により日本ミステリー文学大賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

日本の推理作家。1934年11月15日、東京都生まれ。長野県・軽井沢在住。コピーライター、テレビCM制作会社経営を経て、1980 年に小説『死者の木霊』でデビュー。82年より作家業に専念し、フリーのルポライター・浅見光彦が事件の謎を解くミステリーシリーズなどを発表。代表作となった同シリーズの『天河伝説殺人事件』を始め、多くの作品がテレビドラマや映画として映像化されている。その功績により、2008年に第11回日本ミステリー文学大賞を受賞した。15年に脳梗塞で倒れ、17年に小説の休筆を宣言。以後短歌の世界で創作を続けることを発表した。病気によって毎日新聞夕刊での連載が中断していた「浅見光彦シリーズ」114作目(短編除く)の小説『孤道』は同年5月に未完のまま出版され、続編公募して完結させることとなった。

(2017-3-22)

推理作家。1934年11月15日、東京都生まれ。テレビCM制作会社経営などを経て、80年に自費出版した『死者の木霊』を機に専業作家となる。82年に始まるフリールポライター・浅見光彦が難事件を解決するミステリーシリーズはベストセラーとなり、『天河伝説殺人事件』など多くの作品がテレビドラマ化、映画化された。83年より長野県軽井沢町に移り住み、作品を発表。2008年、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞した。主な著書に、『戸隠伝説殺人事件』などによる信濃のコロンボシリーズ、『「萩原朔太郎」の亡霊』などによる岡部警部シリーズ、歴史小説『地の日 天の海』、戦争小説『靖国への帰還』などがある。15年に脳梗塞で倒れ、17年に小説の休筆を宣言して以降は短歌を発表しながら療養を続けていた。病気により連載が中断していた浅見光彦シリーズ114作目(短編除く)の小説『孤道』は17年に未完のまま出版され、公募による続編が完結編として出版される予定となっている。18年3月13日、敗血症のため死去した。享年83。

(2018-3-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内田康夫の関連情報