コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内端 ウチバ

デジタル大辞泉の解説

うち‐ば【内端】

[名・形動]
動作・言動が遠慮深く控えめであること。また、そのさま。内気。
「気弱く万般(よろず)―の性質(うまれつき)なれば」〈露伴・いさなとり〉
数量・金額を実際より少なく数えること。また、そのさま。内輪(うちわ)。
「―に取って新銀三百五十匁」〈浄・天の網島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちば【内端】

物事に控えめなこと。内気。 「性質が-だけに学問には向くと見えて/浮雲 四迷
数量が実際より少ないこと。うちわ。 「 -に取て新銀三百五十匁/浄瑠璃・天の網島

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

内端の関連キーワードオヨギイソギンチャクキャプテン・システム日本科学史(年表)宇宙ステーションスカイラブ計画イソギンチャクスプートニクウォストーク和田 肇海事衛星ベスタ下交い四迷網島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android