内端(読み)ウチバ

デジタル大辞泉の解説

うち‐ば【内端】

[名・形動]
動作・言動が遠慮深く控えめであること。また、そのさま。内気。
「気弱く万般(よろず)―の性質(うまれつき)なれば」〈露伴・いさなとり〉
数量・金額を実際より少なく数えること。また、そのさま。内輪(うちわ)。
「―に取って新銀三百五十匁」〈浄・天の網島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちば【内端】

物事に控えめなこと。内気。 「性質が-だけに学問には向くと見えて/浮雲 四迷
数量が実際より少ないこと。うちわ。 「 -に取て新銀三百五十匁/浄瑠璃・天の網島

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ば【内端】

〘名〙 (形動)
① 性質が内向的であること。行為が消極的であること。また、そのさま。内気。遠慮がち。
※後京極殿鷹三百首(15C後‐16C後)冬「うちはなる鷹の心の床しくば氷のかがみむかひてもみよ」
人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)後「よろづうちばにしてあどけなく」
② 数量が実際より少なめなこと。うちわ。〔運歩色葉(1548)〕
※随筆・独寝(1724頃)上七「内ばに積りて七十斗(ばかり)と見ゆる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android