内向(読み)うちむき

精選版 日本国語大辞典「内向」の解説

うち‐むき【内向】

〘名〙
① 内側に向かうこと。
② 内輪に関すること。うちうちのこと。私事。家事。
※志都の岩屋講本(1811)上「御内むきの小さき事などは」
③ 矢をにつがえるとき、矢筈(やはず)の彫り込みの通りにある走羽(はやりば)の羽裏(はうら)が弦の方に向くように矧(は)いてあること。まえむき。⇔外向(とむ)き
※随筆・貞丈雑記(1784頃)一〇「矢に内向(ウチムキ)と云は弓につがひて羽表(はをもて)我身の方へむきたるを云」

ない‐こう ‥カウ【内向】

〘名〙 内むきになること。
内気で、心の働きが自己の内部にばかり向かうこと。内攻。⇔外向
② 植物で、(やく)が雌しべの側に破れて開く場合などにいう。〔植学訳筌(1874)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「内向」の解説

ない‐こう〔‐カウ〕【内向】

[名](スル)心のはたらきが自分の内部に向かうこと。「内向しがちな性格」「内向的な人」⇔外向
[類語]陰気陰性陰気臭いしんねりむっつり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android