コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤中心 ないとう なかご

美術人名辞典の解説

内藤中心

三左ヱ門。土佐の人なり。和歌を加茂真渕翁の弟子谷丹谷に学ぶ。歌詠古雅なり。後故あって備中に移り歌学を以てたつ。文化14年(1817)歿、78才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤中心 ないとう-なかご

1740-1818* 江戸時代中期-後期の武士,歌人。
元文5年生まれ。土佐高知藩士。讒言(ざんげん)にあい山林奉行を辞職。備中(びっちゅう)(岡山県)にうつりすむ。稲垣長諷,谷真潮(ましお)に和歌をまなび,万葉調の歌をのこした。文化14年12月18日死去。78歳。通称は三左衛門。号は桜舎。歌集に「さくらのやの歌集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤中心の関連キーワード歌人

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android