コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万葉調 まんようちょう

4件 の用語解説(万葉調の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万葉調
まんようちょう

万葉集』の歌全般を通じて特色となっている調べ。狭義には韻律に限っていわれることもあるが,一般には表現,内容と関連づけて論じられることが多い。おおむね素朴,雄大,重厚,明朗,直截などの語をもって説明されるが,賀茂真淵が『古今集』以後の「たをやめぶり」に対して「ますらをぶり」と評したのは有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まんよう‐ちょう〔マンエフテウ〕【万葉調】

万葉集の歌の特色をなす調べ。一般的には、現実生活における素朴な感動、強い実感を率直に表現し、格調は雄健でおおらか。五七調を主とし、短歌では二句切れ四句切れが多い。賀茂真淵(かものまぶち)は「ますらおぶり」と称した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

万葉調【まんようちょう】

万葉集》の歌に見られる特徴的な調(しらべ),歌風。清新な感動を率直に表現。技巧的・観念的な〈古今調〉とは対照的であり,賀茂真淵はこれを〈ますらおぶり〉と呼んだ。
→関連項目会津八一伊藤左千夫太田水穂香川景樹楫取魚彦金槐和歌集斎藤茂吉新古今調長塚節

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

まんようちょう【万葉調】

万葉集に特徴的な歌風・歌調。発想・内容としては生活感情と密接し、素朴・直截あるいは率直・切実で、またしばしば雄大・荘重である。修辞的には五七調すなわち二句・四句切れが多く、枕詞・序詞の使用も多い。賀茂真淵は「ますらおぶり」と呼んだ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

万葉調の関連情報