コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤政貞 ないとう まささだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤政貞 ないとう-まささだ

1685-1722 江戸時代前期-中期の大名。
貞享(じょうきょう)2年生まれ。陸奥(むつ)窪田(くぼた)藩(福島県)藩主土方雄隆(ひじかた-かつたか)の甥(おい)。遠山政徳(まさのり)の養子となり,元禄(げんろく)16年陸奥湯長谷(ゆながや)藩(福島県)藩主内藤家3代。藩祖政亮(まさすけ)が改姓した遠山姓を内藤にもどす。日光祭礼奉行,大坂城青屋口加番をつとめた。享保(きょうほう)7年4月23日死去。38歳。幼名は長十郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内藤政貞の関連キーワード内藤政醇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android