コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤正成(2) ないとう まさなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤正成(2) ないとう-まさなり

1564-1606* 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)7年生まれ。内藤正成(甚一郎)の子。徳川家康につかえ,長久手(ながくて),関ケ原の戦いにくわわる。慶長7年父の死により武蔵(むさし)埼玉郡5000石をつぎ,さらに近江(おうみ)(滋賀県)坂田郡に2000石をくわえられる。のち伏見城代。慶長10年12月12日死去。42歳。通称は四郎左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤正成(2)の関連キーワード川中島の戦いキリシタン関係主要人名ガリレイコーク(Sir Edward Coke)ボロトニコフの乱スピノラ三浦按針シェークスピアの生家グライツスアレス

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android