コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロトニコフの乱 ボロトニコフのらん

世界大百科事典 第2版の解説

ボロトニコフのらん【ボロトニコフの乱】

ロシア最初の農民戦争(1606年夏~07年10月)。イワン・ボロトニコフIvan Bolotnikov(?‐1608)に指導された。〈スムータ〉の重要な要因となるこの反乱は,16世紀以来急速に強化されてきた農民とホロープ(奴隷)に対する抑圧への反抗として起こった。ボロトニコフは従軍ホロープ出身で,数奇な運命を経て故国に帰り,北ウクライナのコマリツカヤ郷に起こった反農奴制民衆運動の指導者となり,シュイスキー政権打倒を旗印にし,士族の一部をもその陣営に引き込んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボロトニコフの乱
ぼろとにこふのらん

1606~07年のロシアの農民反乱。ワシリー4世治下に、1606年7月、ボロトニコフИван Исаевич Болотников/Ivan Isaevich Bolotnikov(?―1608)が農民やコサック、都市貧民や士族からなる大軍を組織してロシア南部で反乱を起こし、同年10月にはモスクワに迫るに至った。2か月の攻囲にもモスクワは落ちず、その間、ボロトニコフは地主や商人の打倒を呼びかけ、農民、奴僕(ぬぼく)に土地を与えることを約した。地主である士族たちは皇帝側に走り、皇帝軍は反乱軍をモスクワ近郊に破り、カルガからトゥーラへ退却させ(1606年12月)、翌年皇帝軍が4か月トゥーラを包囲して、10月ボロトニコフ軍を屈服させた。この間広く各地に農民の蜂起(ほうき)がみられ、ワシリー政権に大きな脅威を与えた。ボロトニコフら反乱の首謀者は処刑された。[伊藤幸男]
『阿部重雄著『帝政ロシアの農民戦争』(1969・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボロトニコフの乱の関連キーワードマリ・エルカルーガ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android