コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤義孝 ないとう よしたか

1件 の用語解説(内藤義孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤義孝 ないとう-よしたか

1668-1713* 江戸時代前期-中期の大名。
寛文8年生まれ。内藤義概(よしむね)の3男。貞享(じょうきょう)2年陸奥(むつ)平藩(福島県)藩主内藤家4代となる。治世は28年におよび,領内の神社仏閣の保存につくした。露江の俳号をもち,兄露沾(ろせん)とともに西山宗因と親交があった。正徳(しょうとく)2年12月10日死去。45歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

内藤義孝の関連キーワード山本養仙常行赤松沙鴎荒川養鉄荒木是水木村養元小出英利多湖岐陽水野忠直芳村夭仙