内部化[経済](読み)ないぶか[けいざい](英語表記)internalization

翻訳|internalization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部化[経済]
ないぶか[けいざい]
internalization

外部経済や外部不経済の存在によって,市場での効率的な資源配分が阻害されている場合に,外部効果が及ぶ第三者の利益,不利益を当事者の経済計算に反映させるようにすること。 (1) 自発的交渉により外部性を直接取引する方法,(2) 外部経済に対し補助金を,外部不経済に対し税を賦課する方法,(3) さらに権利 (環境権など) を商品化して疑似市場をつくり出す方法など,外部経済の内部化には,いくつかの方法が考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android