コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部化[経済] ないぶかけいざい internalization

翻訳|internalization

1件 の用語解説(内部化[経済]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部化[経済]
ないぶかけいざい
internalization

外部経済や外部不経済の存在によって,市場での効率的な資源配分が阻害されている場合に,外部効果が及ぶ第三者の利益,不利益当事者の経済計算に反映させるようにすること。 (1) 自発的交渉により外部性を直接取引する方法,(2) 外部経済に対し補助金を,外部不経済に対し税を賦課する方法,(3) さらに権利 (環境権など) を商品化して疑似市場をつくり出す方法など,外部経済の内部化には,いくつかの方法が考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内部化[経済]の関連キーワード外部経済内部経済外部性コースの定理外部不経済外部経済性外部不経済性不経済外部経済(効果)外部経済・外部不経済

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone