コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外部経済 がいぶけいざいexternal economies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外部経済
がいぶけいざい
external economies

イギリスの経済学者 A.マーシャルが用いた言葉で,産業全体の生産規模の拡大が市場の拡大,関連産業の発展などを通して個々の企業に及ぼす利益をいう。広義には,個々の経済主体 (個人または企業) による財・サービスの消費や生産が,経済主体間で市場を経由せずに相互に及ぼし合う間接的な効果のこと。たとえば鉄道とその沿線にある行楽地は,行楽地の存在により鉄道の利用者がふえ,鉄道の存在により行楽地を利用しやすくなるために行楽客がふえるという付随的な利益をもたらす。一方,相互に損害を与える場合もある。外部経済による効果は市場の外で作用するため,完全競争市場の価格メカニズムの機能を阻害する「市場の失敗」の一因ともなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がいぶ‐けいざい〔グワイブ‐〕【外部経済】

関連産業または経済全体の発達、立地条件の変化などによって個々の企業の生産費が低下し利益を受けること。⇔内部経済
ある企業や消費者の経済活動が、市場取引によらずに第三者便益・利益を与えること。例えば、果樹園の経営が養蜂家に与える利益。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいぶけいざい【外部経済】

ある経済主体(企業・消費者)の行動が、その対価を受けとることなく、他の経済主体に便益や利益を与えること。例えば、鉄道開通による地価上昇。 ⇔ 外部不経済
企業の属する産業全体の規模が拡大することによって、個々の企業の生産費用が低下すること。 ⇔ 内部経済

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外部経済の関連情報