コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不可逆変化 フカギャクヘンカ

6件 の用語解説(不可逆変化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふかぎゃく‐へんか〔‐ヘンクワ〕【不可逆変化】

変化する前の状態に戻せない変化。熱伝導・拡散・摩擦・爆発など。非可逆変化不可逆過程

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

不可逆変化【ふかぎゃくへんか】

可逆変化とも。熱力学でいう可逆変化でない状態変化。物質系がある変化を受けて他の状態に移ったとき,変化に関係したすべての部分(物質系とその外界)を完全にもとの状態にもどすような過程が存在しないならば,この変化を不可逆変化という。
→関連項目オンサーガー時間(物理)熱力学の法則

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふかぎゃくへんか【不可逆変化 irreversible change】

物質系の状態変化において,ある状態Aから他の状態Bに移るときには,一般に系以外の外界にも変化を生ずる。この系を状態Bから再び状態Aに戻したとき(戻す過程はどのような過程でもよい),外界も元の状態に戻る変化を可逆変化といい,これに対して可逆でない変化を不可逆変化または非可逆変化という。例えば,高温の物体と低温の物体を接触させたとき,熱は高温の物体から低温の物体に移動し,低温の物体から高温の物体に自然に移ることはありえない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふかぎゃくへんか【不可逆変化】

物質系の変化のうち、その系も外界もそっくりもとの状態へ戻すことが不可能な変化のこと。熱伝導や拡散が典型的な例。非可逆変化。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不可逆変化
ふかぎゃくへんか

可逆変化」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不可逆変化
ふかぎゃくへんか
irreversible change

もとへ帰ることができない変化のことであって、不可逆過程ともいう。正確には、一つの体系(物体系)の状態が変化するとき、その体系だけでなく、その体系の外部もまったく始めの状態に帰る方法が一つもないとき、この体系の状態の変化は不可逆変化である。可逆変化が正確に定義されておれば、そうでない変化が不可逆変化である。
 いま一つの体系の状態が不可逆的に変化するとする。このとき体系が、温度がTである熱源から微小な熱量d′Qを吸収し、体系のエントロピーSがdSだけ変化するとすると、熱力学第二法則により、d′Q/T<dSという不等式が成立する。この体系が外界と熱的に絶縁されていると、d′Q=0であるから、dS>0であり、Sはかならず増大する。自然界におこる変化は厳密にはすべて不可逆である。したがって、外界から熱的に遮断された体系では、なんらかの変化がおこるたびに、この体系のエントロピーは増大を続ける。これをエントロピー増大の法則という。このことから、外界から熱的に絶縁された体系が熱平衡状態に達して、もはやどのような変化もおこらなくなると、この体系のエントロピーは最大値をとるということもすぐいえる。
 普通の熱力学はほとんど可逆変化だけを取り扱うが、不可逆変化を取り扱う熱力学は不可逆変化の熱力学とよばれる。これは非平衡状態の熱力学といってもよい。非平衡状態では、体系の状態は時間とともに刻々変化してゆくのであるが、ある時刻においては、空間的にみて一般には一様でない。しかし、十分小さい部分では近似的に平衡状態にあると考えることができる。これを局所平衡という。局所平衡にある微小部分については、先の不等式のかわりにdS=d′Q/T+(dS)irrが成立すると考える。(dS)irrは不可逆変化によってこの部分に生じたエントロピーである。この変化が微小な時間間隔dtの間におこったとして、この式の両辺をdtで割り、dS/dt=(d′Q/T)/dt+(dS/dt)irrとする。これはエントロピーバランスの式といわれ、(dS/dt)irrはエントロピー生成速度といわれる。熱伝導、電気伝導などは典型的な不可逆変化であるが、これらに対してエントロピー生成速度が具体的に議論されている。[沢田正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不可逆変化の関連キーワード可逆変化緩和現象素地標準状態化学変化等圧変化相図カラテオドリーの定理気体の状態式不均一系

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不可逆変化の関連情報