コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人事行政(読み)じんじぎょうせい(英語表記)personnel administration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人事行政
じんじぎょうせい
personnel administration

組織の個々のポストに必要な人材を確保し,さらに,その能力を十分発揮させるだけの勤労意欲をもたせるための活動ないし制度。その基本は科学的人事行政と呼ばれるアプローチである。ここでは職務分析と職階制を通じて必要な能力の所有者をポストにつけ,職階制と勤務評定を使って勤労意欲を必要な水準に維持しようとする。しかし民主主義的文化をもった豊かな社会では,このアプローチは権威主義的なものとして反発を受け,かえって勤労意欲を引下げかねない。そこで,このアプローチを補完するものとして,人間関係論的アプローチが利用されはじめている。ここでは人間の多様な欲求を満足させるための手段,たとえば決定過程に対する一般構成員の参加を活用して,勤労意欲を高めようとする。 (→人事管理 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんじぎょうせい【人事行政】

行政における人事管理を人事行政という。人事行政は,行政の民主的・能率的な運営を保障するために,行政組織に職務に適した職員を獲得し,これを維持・活用しようとする機能である,ということができよう。行政組織が所期の目的を達成するためには,(1)まず適正採用と適正配置が肝要である。これは任用適材適所ということができるが,それだけでなく,職員の育成,なかんずく教育訓練(研修)が大事である。(2)さらに職員の意欲向上のため経済的,物理的,精神的に十分な勤務条件の保障が不可欠である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人事行政の関連情報