コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円偏光二色性

世界大百科事典 第2版の解説

えんへんこうにしょくせい【円偏光二色性 circular dichroism】

円二色性ともいう。光学活性の一種。光学活性な物質に右回りおよび左回りの円偏光を通すとき,吸収の程度が異なり,観測される色が異なる現象をいう。この現象はダブH.W.Doveによって紫水晶で発見され,1896年にはコットンA.Cottonによって着色した旋光性溶液にも現れることが発見された。円偏光二色性(CD)の測定は,左および右回りの円偏光を光学活性物質の入った試料に通して行い,それぞれの吸光係数εLRを求め,その差⊿εをもってCDとする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

円偏光二色性の関連キーワードゼーマン効果磁気光効果旋光分散偏光子

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android