コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円偏光二色性

2件 の用語解説(円偏光二色性の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

円偏光二色性

 円二色性ともいう.光学活性のある物質の中を円偏光が透過するとき,その吸収が左円偏光と右円偏光で異なるという現象.高分子物質構造解析などに利用される.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんへんこうにしょくせい【円偏光二色性 circular dichroism】

円二色性ともいう。光学活性の一種。光学活性な物質に右回りおよび左回りの円偏光を通すとき,吸収の程度が異なり,観測される色が異なる現象をいう。この現象はダブH.W.Doveによって紫水晶で発見され,1896年にはコットンA.Cottonによって着色した旋光性溶液にも現れることが発見された。円偏光二色性(CD)の測定は,左および右回りの円偏光を光学活性物質の入った試料に通して行い,それぞれ吸光係数εLRを求め,その差⊿εをもってCDとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円偏光二色性の関連情報