コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫水晶 ムラサキズイショウ

デジタル大辞泉の解説

むらさき‐ずいしょう〔‐ズイシヤウ〕【紫水晶】

紫色の水晶。また、その色。紫石英(しせきえい)。アメシスト。アメジスト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらさきずいしょう【紫水晶】

紫色を呈する水晶。透明で美しいものは飾り石にする。ブラジル・ウルグアイ・カナダなどに産出。紫石英しせきえい。アメシスト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫水晶
むらさきずいしょう

アメシスト」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紫水晶
むらさきずいしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紫水晶の言及

【アメシスト】より

…紫水晶ともいう。水晶類のうちでは最も高く評価され,紫色を高貴の色とする古くからの風潮によって,日本人にとくに愛好される宝石である。…

【水晶】より

…【津末 昭生】
[宝石]
 単に水晶といえば無色透明なものをいい,ときに区別のため特に白水晶という。色のついたものは黄水晶(シトリン),茶水晶(スモーキー・クォーツ),紫水晶(アメシスト)など別の名称で呼ばれ,宝石として使われる。水晶の結晶中にルチルや電気石(トルマリン)の針状結晶が内包されているものは針入り水晶といい,緑色の緑泥石や角セン石などが内包されるときは,草状に見えるところから草入り水晶と呼ばれる。…

※「紫水晶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紫水晶の関連キーワードフランス(Anatole France)ムラサキホウキタケ(紫箒茸)セソストリス1世円偏光二色性二酸化ケイ素コキンボ石石(いし)市川 新松指輪∥指環市川新松藤森秀夫飾り石サルト産出紫色石英宝石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android