コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円山学古 まるやま がくこ

1件 の用語解説(円山学古の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円山学古 まるやま-がくこ

1776-1837 江戸時代後期の儒者。
安永5年生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士の子。亀田鵬斎(かめだ-ほうさい)にまなび,諸国を歴遊したのち佐渡にわたり,医を業とした。文政10年修教館の教授となる。天保(てんぽう)8年8月死去。62歳。名は敏。字(あざな)は遜卿(そんきょう)。通称は三平。別号に蒲蘆窩,学古堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

円山学古の関連キーワード新井静斎新井稲亭伊藤板渓伊藤蘆汀五井鶴城佐藤東斎菅新菴高原東郊門司東里吉田磐谷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone