コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円超 えんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円超 えんちょう

861-925 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)3年生まれ。山城(京都府)海印寺の良緒に,のち東大寺で華厳(けごん)をまなぶ。延喜(えんぎ)14年醍醐(だいご)天皇の勅命をうけ,華厳宗の教理のよりどころとなる経典や注釈書,宗義書などをまとめ,「華厳宗章疏(しょうしょ)並因明録」として朝廷に提出した。延長3年権律師(ごんのりっし)。延長3年6月19日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円超の関連キーワード東京五輪・パラリンピックの会場計画エル・アンド・ジー(L&G)グリーン・ジョブ(緑の雇用)JR佐世保駅前の再開発事業外国人旅行客向け免税制度世界のスポーツメーカー本人確認法施行令の改正吹田サッカースタジアム国会議員関係政治団体三菱自動車の経営再建申告書公示制度の廃止確定申告(所得税の)被災者への公的支援ミニマムアクセス米みぶ羽生田産業団地東芝の第三者委員会環境ビジネスの拡大政治資金収支報告書神戸医療産業都市所得税の確定申告

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円超の関連情報