コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円龕昭覚 えんがん しょうがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円龕昭覚 えんがん-しょうがく

?-1384 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。鎌倉寿福寺の寂庵上昭の法をつぐ。暦応(りゃくおう)のころ,豊前耶馬渓(やばけい)(大分県)の石窟に十六羅漢像をかいて,おさめる。のち逆流建順らと釈迦,文殊,羅漢などの仏像を七百余体つくり安置。将軍足利義満から羅漢寺の寺号をあたえられた。至徳元=元中元年9月11日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

円龕昭覚の関連キーワード至徳元中弘和永徳観阿弥元中弘和小松基地騒音公害訴訟カネミ油症事件至徳

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円龕昭覚の関連情報