コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円龕昭覚 えんがん しょうがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円龕昭覚 えんがん-しょうがく

?-1384 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。鎌倉寿福寺の寂庵上昭の法をつぐ。暦応(りゃくおう)のころ,豊前耶馬渓(やばけい)(大分県)の石窟に十六羅漢像をかいて,おさめる。のち逆流建順らと釈迦,文殊,羅漢などの仏像を七百余体つくり安置。将軍足利義満から羅漢寺寺号をあたえられた。至徳元=元中元年9月11日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円龕昭覚の関連キーワード南北朝時代臨済

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android