コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元中 ゲンチュウ

大辞林 第三版の解説

げんちゅう【元中】

南朝の年号(1384.4.28~1392.閏10.5)。弘和の後。元中九年に南北両朝が合一して、明徳に統一。後亀山天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんちゅう【元中】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1384年から1392年まで、後亀山(ごかめやま)天皇の代の南朝が使用した元号。前元号は弘和(こうわ)。南朝最後の元号。1384年(弘和4)4月28日改元。1384年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい、甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた。後亀山天皇の即位にともなう代始改元ともされる。元中年間の北朝の天皇は後小松(ごこまつ)天皇。北朝が使用した元号は、至徳(しとく)(1384~1387年)、嘉慶(かきょう)(1387~1389年)、康応(こうおう)(1389~1390年)、明徳(めいとく)(1390~1394年)。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。「元中」の元号は、1392年(元中9)の南北朝合一によって廃され、北朝の元号の「明徳」が使用されることになった。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

元中の関連キーワード聖助法親王(2)赤松義祐(1)山名氏清の妻花山院長親快尊(1)成阿(1)後小松天皇明承法親王波多野通郷土岐氏の乱小山若犬丸姉小路家綱真阿(2)近来風体抄中御門俊輔日野栄子通幻寂霊一色詮範中院通淳義山等仁

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元中の関連情報