元中(読み)ゲンチュウ

大辞林 第三版の解説

げんちゅう【元中】

南朝の年号(1384.4.28~1392.閏10.5)。弘和の後。元中九年に南北両朝が合一して、明徳に統一。後亀山天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんちゅう【元中】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1384年から1392年まで、後亀山(ごかめやま)天皇の代の南朝が使用した元号。前元号は弘和(こうわ)。南朝最後の元号。1384年(弘和4)4月28日改元。1384年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい、甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた。後亀山天皇の即位にともなう代始改元ともされる。元中年間の北朝の天皇は後小松(ごこまつ)天皇。北朝が使用した元号は、至徳(しとく)(1384~1387年)、嘉慶(かきょう)(1387~1389年)、康応(こうおう)(1389~1390年)、明徳(めいとく)(1390~1394年)。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。「元中」の元号は、1392年(元中9)の南北朝合一によって廃され、北朝の元号の「明徳」が使用されることになった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元中の関連情報