コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価額協定保険 かがくきょうていほけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

価額協定保険
かがくきょうていほけん

契約に際して保険の目的を評価して評価額を定め,保険金額を契約時の評価額の一定以上とすることを条件として保険契約者付保割合 (保険価額に対する保険金額の割合) を選択させ,評価額に約定付保割合を乗じた額を保険金額とする保険 (特約条項) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがくきょうていほけん【価額協定保険】

火災保険の一種。通常の火災保険では比例塡補(てんポ)方式(損害額に保険金額の保険価額に対する割合を乗じた額が保険金として支払われる)が採られているのに対し,契約時に保険価額を加入者と保険会社が協定しておき罹災時には保険金額の範囲内で損害額がそのまま保険金として支払われる(実損塡補方式)。契約時には,保険の目的を評価し,その評価額(建物は再調達価額,家財は時価額)に60%,80%,100%のいずれかの付保割合を乗じたものを保険金額とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

価額協定保険の関連キーワード新価保険火災保険

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android