コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写生説 シャセイセツ

デジタル大辞泉の解説

しゃせい‐せつ【写生説】

正岡子規の唱えた俳句短歌の方法論。絵画の理論を移入し、実物・実景をありのままに具象的に写し取ること。子規以後、俳句では河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)高浜虚子ら、短歌では伊藤左千夫長塚節(ながつかたかし)斎藤茂吉らによって理論的追求が行われ、散文では写生文として適応された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

写生説の関連キーワード中山 雅吉佐藤佐太郎根岸短歌会河東碧梧桐土屋文明北住敏夫吉野秀雄長塚節写生歌論俳論

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android