コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠心II号 かんしんにごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冠心II号
かんしんにごう

現代中国で新しく処方された漢方の心臓薬。心筋梗塞 (こうそく) や狭心症に効果がある。これを作ったのは中国の西洋医で,その組成は川きゅう (せんきゅう) ,丹参 (たんじん) ,赤芍 (せきしゃく) ,紅花,降香 (こうこう) の5種類の生薬である。これらの生薬には血栓形成抑制,動脈拡張などの作用があるので,冠性心疾患だけでなく,急性脳血管障害 (血栓・栓塞) にも用いられ,高い治癒率が報告されており,日本の専門家たちも注目している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android