コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠飾(読み)かんしょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冠飾
かんしょく

冠の飾り金具をいう。冠は,その起源は実用的なものであったにしても,次第にそれをまとう者の権威をより荘厳なものにみせるため,複雑な立飾りをつけ,宝石をちりばめてこれを飾るようになった。朝鮮三国時代高句麗百済には類似した唐草系の冠飾がみられ,新羅には出字形の独特な冠飾がある。日本の古墳時代には朝鮮系の冠飾もみられるが,三昧塚古墳のようにやや異なったものも存在している。埴輪にみられる三角巾形の冠を日本固有のものとする意見もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android