コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三昧塚古墳 さんまいづかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

さんまいづかこふん【三昧塚古墳】

茨城県行方郡玉造町沖洲に所在し,古墳時代の5世紀末に属する三段築成の前方後円墳。霞ヶ浦北岸の園部川が開析した沖積地に位置し,全長85m,後円部直径48m,前方部幅40m,後円部高8m,前方部高6mを測り,主軸磁北から40゜西にかたむく。墳丘には三重の埴輪列がめぐり,後円南側裾からは馬,犬,鹿,猪などの動物埴輪や,人物埴輪も認められた。内部主体は,主軸を東西に置き,長側両縁に1個ずつの縄掛突起を備えた板石を蓋とした組合せの箱式棺で,北側に並列して副葬品収納の土壙が付設されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三昧塚古墳
さんまいづかこふん

茨城県行方(なめがた)市沖州(おきす)の沖積地にある前方後円墳で周堀をもつ。1955年(昭和30)に採土工事で消滅寸前に茨城県教育委員会によって調査された。墳丘は長さ85メートル、後円部径48メートル、前方部幅40メートル、後円部高さ8メートルで埴輪(はにわ)列が三重に巡る。人物・動物などの形象埴輪は墳丘の片側のみを、円筒埴輪は全周している。後円部中央の深さ2.7メートルの位置に粘板岩製の箱形石棺があり、棺蓋の左右中央には1個ずつの縄懸(なわかけ)突起がつくりだしてある。棺蓋上には鉄製戟(げき)が置かれ、また棺外に副葬品収納のための木箱状遺構があり、鉄刀、短甲、挂甲(けいこう)、衝角付冑(しょうかくつきかぶと)などの武器・武具類と工具類、馬具、砥石(といし)などが出土した。棺内からは1体の遺骨と変形神獣鏡など鏡2面のほか、櫛(くし)、玉(たま)類、垂飾付耳飾(すいしょくつきみみかざり)、馬形飾付透彫金銅冠(うまがたかざりつきすかしぼりこんどうかん)、鹿角(ろっかく)装大刀(たち)、挂甲、鉄鏃(てつぞく)、勾玉(まがたま)形金銅製飾金具が発見された。5世紀末から6世紀初頭にかけ霞ヶ浦(かすみがうら)周辺を支配した20歳前後の男性の有力首長の墳墓。[大塚初重]
『斎藤忠他著『三昧塚古墳』(1960・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三昧塚古墳の関連キーワード冠飾

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android