コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三昧塚古墳 さんまいづかこふん

2件 の用語解説(三昧塚古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんまいづかこふん【三昧塚古墳】

茨城県行方郡玉造町沖洲に所在し,古墳時代の5世紀末に属する三段築成の前方後円墳霞ヶ浦北岸の園部川が開析した沖積地に位置し,全長85m,後円部直径48m,前方部幅40m,後円部高8m,前方部高6mを測り,主軸は磁北から40゜西にかたむく。墳丘には三重の埴輪列がめぐり,後円南側裾からは馬,犬,鹿,猪などの動物埴輪や,人物埴輪も認められた。内部主体は,主軸を東西に置き,長側両縁に1個ずつの縄掛突起を備えた板石を蓋とした組合せの箱式棺で,北側に並列して副葬品収納の土壙が付設されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三昧塚古墳
さんまいづかこふん

茨城県行方(なめがた)市沖州(おきす)の沖積地にある前方後円墳で周堀をもつ。1955年(昭和30)に採土工事で消滅寸前に茨城県教育委員会によって調査された。墳丘は長さ85メートル、後円部径48メートル、前方部幅40メートル、後円部高さ8メートルで埴輪(はにわ)列が三重に巡る。人物・動物などの形象埴輪は墳丘の片側のみを、円筒埴輪は全周している。後円部中央の深さ2.7メートルの位置に粘板岩製の箱形石棺があり、棺蓋の左右中央には1個ずつの縄懸(なわかけ)突起がつくりだしてある。棺蓋上には鉄製戟(げき)が置かれ、また棺外に副葬品収納のための木箱状遺構があり、鉄刀、短甲、挂甲(けいこう)、衝角付冑(しょうかくつきかぶと)などの武器・武具類と工具類、馬具、砥石(といし)などが出土した。棺内からは1体の遺骨と変形神獣鏡など鏡2面のほか、櫛(くし)、玉(たま)類、垂飾付耳飾(すいしょくつきみみかざり)、馬形飾付透彫金銅冠(うまがたかざりつきすかしぼりこんどうかん)、鹿角(ろっかく)装大刀(たち)、挂甲、鉄鏃(てつぞく)、勾玉(まがたま)形金銅製飾金具が発見された。5世紀末から6世紀初頭にかけ霞ヶ浦(かすみがうら)周辺を支配した20歳前後の男性の有力首長の墳墓。[大塚初重]
『斎藤忠他著『三昧塚古墳』(1960・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三昧塚古墳の関連キーワード円墳古墳時代埼玉古墳群玉造鋸歯文西蓮寺たまつくり平忠幹箭括氏麻多智

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三昧塚古墳の関連情報