冥恩(読み)ミョウオン

大辞林 第三版の解説

みょうおん【冥恩】

人々が気づかぬうちに神仏が施す恩徳。冥加みようが。 「これ天照大神の-なり/盛衰記 40

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐おん ミャウ‥【冥恩】

〘名〙 仏語。冥々(めいめい)のうちに神仏が人間に下し与える恩徳。目に見えない神仏の恵み。冥加。
※源平盛衰記(14C前)四〇「日本の愚猟一振の剱を求て帯(はき)ながら山中の獣を得たり、是天照太神の冥恩(ミャウオン)也と思ければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android