冥罰(読み)みょうばつ

精選版 日本国語大辞典「冥罰」の解説

みょう‐ばつ ミャウ‥【冥罰】

〘名〙 神仏が人知れず下す罰。天罰。めいばつ。
※高野本平家(13C前)二「山王大師の神罰冥罰(ミャウバツ)を立どころにかうぶて」

めい‐ばつ【冥罰】

※報徳記(1856)二「之に安んじ安坐して食する時は、冥罰(メイバツ)の程恐るべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android