コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良秀 よしひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良秀 よしひで

芥川竜之介の小説「地獄変」の主人公。
高名な絵師だが,高慢,強欲で人にきらわれる。堀川の大殿に地獄変の屏風をえがくように命じられ,実際をみなければできないとうったえたため,最愛の娘を生きながら焼死させられる。その情景をみごとな屏風にかきあげ,自殺する。小説は大正7年「大阪毎日新聞」に発表。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良秀の関連キーワード峨山韶碩(がさんじょうせき)総持寺(横浜市)良秀(2)会昌の廃仏芥川竜之介禅室珍目吉田重蔵峨山韶碩一天玄清江中梵巴玉翁正光綱庵性宗大等一祐悦堂常喜横道田阿冥罰

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

良秀の関連情報