報徳記(読み)ほうとくき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

報徳記
ほうとくき

二宮尊徳の伝記。尊徳の女婿にあたる門人富田高慶著。8巻。安政4 (1857) 年成立寺門静軒の尊徳伝記にあきたらず,高慶が「富国安民の法」である報徳仕法を尊徳の言葉を通して世に伝えようとしたもの。尊徳の出生から一家の再興,六百余町村の復興などを語り,その間に逸話などをはさみ,尊徳の思想が明らかにされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうとくき【報徳記】

二宮尊徳の伝記。8巻。富田高慶著。安政3年(1856)成立、翌年改訂。尊徳の思想と業績を詳述し、最も信頼できる資料とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうとくき【報徳記】

二宮尊徳の伝記。八巻。富田高慶著。1856年成立。数ある尊徳伝の中でも信頼性に富み価値が高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android