コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冨士工 ふじこう

1件 の用語解説(冨士工の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冨士工
ふじこう

建設会社。 1946年冨士工務店として設立。 56年の大阪支店開設を皮切りに全国に営業を展開。 70年現社名に変更。マンションなど民間建築工事を主体とするが,ゴルフ場建設をはじめとする土木部門でも実績をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

冨士工の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)盧武鉉南海地震ビキニ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone