冨田 雅次(読み)トミタ マサジ

20世紀日本人名事典「冨田 雅次」の解説

冨田 雅次
トミタ マサジ

大正・昭和期の動物学者,生化学者



生年
明治22(1889)年8月7日

没年
昭和42(1967)年12月20日

出生地
兵庫県加古川市

旧姓(旧名)
高木

学歴〔年〕
京都帝大医科大学〔大正3年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔大正10年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院東宮御成婚記念賞〔昭和11年〕「胎生化学への寄与

経歴
荒木寅三郎博士に師事。大正9年欧米に留学、12年長崎医科大教授、昭和10年台北帝大教授、山口県立医専校長、24年神戸大兼神戸女子薬科大教授、芦屋大各教授を歴任。日本学士院会員、ドイツ自然科学者学士院会員(ハレ大学)。動物学者として生体塩基、特にカルニチンの化学構造の決定、アミノ酸結晶について研究した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android