冬島 泰三(読み)フユシマ タイゾウ

20世紀日本人名事典の解説

冬島 泰三
フユシマ タイゾウ

昭和期の映画監督



没年
昭和56(1981)年12月24日

本名
前出 小四郎(マエデ コシロウ)

別名
筆名=前出 胡四朗

経歴
大正12年東亜キネマ入社、昭和3年松竹に移り監督。ライター時代「女夫星」などのシナリオで、長谷川一夫の売り出しに貢献。監督としては昭和6年の「舶来文明街」で認められる。35年の「浪曲権三と助十・呪いの置手紙」が最後の作品。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android