コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷泉為益 れいぜい ためます

美術人名辞典の解説

冷泉為益

室町後期の歌人公卿。為和の子で為満の父。正二位権中納言に至り、民部卿を兼ねた。元亀元年(1570)歿、55才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冷泉為益 れいぜい-ためます

1516-1570 戦国時代の公卿(くぎょう),歌人。
永正(えいしょう)13年生まれ。冷泉為和(ためかず)の子。上冷泉家。天文(てんぶん)15年従三位。のち正二位,権(ごんの)中納言となり民部卿をかねた。元亀(げんき)元年8月23日死去。55歳。法名は秀覚。歌集に「為益五十首和歌」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

冷泉為益の関連キーワード冷泉為満

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android