コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷泉為和 れいぜい ためかず

美術人名辞典の解説

冷泉為和

為広の男。権大納言正二位。駿河国にて出家。天文18年(1549)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冷泉為和 れいぜい-ためかず

1486-1549 戦国時代の公卿(くぎょう),歌人。
文明18年生まれ。冷泉為広の子。上冷泉家。永正(えいしょう)12年従三位となり,のち正二位,権(ごんの)大納言兼民部卿。大永(たいえい)ごろまで京都で歌をおしえ,戦乱がおこると駿河(するが)(静岡県)にのがれ,今川氏親(うじちか)らに歌道を指南。家集に「為和卿集」がある。天文(てんぶん)18年7月10日死去。64歳。法名は静清。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

冷泉為和の関連キーワード一華堂乗阿冷泉為益

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android