コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

准布 じゅんぷ

2件 の用語解説(准布の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

じゅんぷ【准布】

奈良時代から鎌倉時代にかけて、物の価を布の量に換算したこと。また、その布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんぷ【准布】

〈布に換算すれば〉という意味の言葉。日本の古代・中世において,しばしば種々の物の価額を布の量に換算して示すことがあったが,布に換算すること,あるいは換算された布の数量をいう。必ずしも布そのものをいうのではない。種々の物を賦課・徴収する際にその額を示すために,あるいは異なった物の価額の総額を示すために用いられる。養老令の賦役令貢献物条には,郷土所出の品々は〈皆布に准(なぞら)えて価(あたい)とせよ〉と規定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

准布の関連キーワードノーサイド換算レセプション言ってみれば重ね言葉換算表ワイズスペンディング原魚換算

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone