コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凋残 チョウザン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ざん〔テウ‐〕【×凋残】

[名・形動](スル)すっかり衰えること。おちぶれること。また、そのさま。
「肉体からも精神からも来る―な気持ち」〈志賀暗夜行路
「国破れ家亡び、親戚―す」〈東海散士佳人之奇遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうざん【凋残】

( 名 ) スル
しぼみそこなわれること。衰残。 「国破れ家亡び、親戚-す/佳人之奇遇 散士

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

凋残の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥凋衰散士衰残

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android