コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍りどうふ こおりどうふ

1件 の用語解説(凍りどうふの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

こおりどうふ【凍りどうふ】

《栄養と働き&調理のポイント
〈とうふの栄養成分が凝縮している〉
○栄養成分としての働き
 とうふを低温で凍らせたあと、解凍・脱水し、乾燥させたものが凍りどうふです。主成分たんぱく質と脂質で、たんぱく質は一般のとうふの7倍、脂質は8倍です。サポニンも豊富で、水分は少ないのですが、とうふと同様にカルシウムマグネシウム、鉄などのミネラルをたっぷり含んでいます。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、貧血の予防に効果が期待できます。消化もよいので、病みあがりの栄養補給に適した食品といえます。
 乾物なので長期保存がききますが、脂質の割合が高く、その8割以上が不飽和脂肪酸なので、直射日光や空気にあたると脂質が変化してしまいます。湿気のない冷暗所に保存しましょう。凍りどうふは乾燥させたあと、アンモニアで膨軟加工処理をするので、袋を開けたときにアンモニア臭がすることがありますが、それは製品が新しい証拠です。
 栄養的にはカロテン、ビタミンCが不足しているので、緑黄色野菜組み合わせた献立にしましょう。
 カルシウムや鉄分の吸収を高めるには、ビタミンDといっしょにとるようにすることです。たとえばサケやカレイウナギのかば焼きなどがおすすめです。

出典|小学館
食の医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone