コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍りどうふ こおりどうふ

食の医学館の解説

こおりどうふ【凍りどうふ】

《栄養と働き&調理のポイント》


〈とうふの栄養成分が凝縮している〉
○栄養成分としての働き
 とうふを低温で凍らせたあと、解凍・脱水し、乾燥させたものが凍りどうふです。主成分はたんぱく質と脂質で、たんぱく質は一般のとうふの7倍、脂質は8倍です。サポニンも豊富で、水分は少ないのですが、とうふと同様にカルシウムやマグネシウム、などのミネラルをたっぷり含んでいます。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、貧血の予防に効果が期待できます。消化もよいので、病みあがりの栄養補給に適した食品といえます。
 乾物なので長期保存がききますが、脂質の割合が高く、その8割以上が不飽和脂肪酸なので、直射日光や空気にあたると脂質が変化してしまいます。湿気のない冷暗所に保存しましょう。凍りどうふは乾燥させたあと、アンモニアで膨軟加工処理をするので、袋を開けたときにアンモニア臭がすることがありますが、それは製品が新しい証拠です。
 栄養的にはカロテン、ビタミンCが不足しているので、緑黄色野菜と組み合わせた献立にしましょう。
 カルシウムや鉄分の吸収を高めるには、ビタミンDといっしょにとるようにすることです。たとえばサケやカレイ、ウナギのかば焼きなどがおすすめです。

出典|小学館食の医学館について | 情報

凍りどうふの関連キーワード成長期に食べさせたい食品ダイズ製品ダイズ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android