凍裂(読み)トウレツ

デジタル大辞泉の解説

とう‐れつ【凍裂】

大木が凍結して、弾けるように裂けること。セ氏零下25度以下で起こる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐れつ【凍裂】

〘名〙
① (━する) こおりついて裂けること。
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「此時正に沍寒の候なれば、藁を編みて包み、凍裂を防ぎたり」 〔杜甫‐投簡咸華両県諸子詩〕
雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上六「手足皆な凍裂せんとして」
③ 厳寒期に生きた大木が凍結し、弾けるような音をたててに裂ける現象。摂氏零下二五度以下で起こる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android