コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(読み)トウ

デジタル大辞泉の解説

とう【凍】[漢字項目]

常用漢字] [音]トウ(漢) [訓]こおる こごえる いてる しみる
こおる。「凍結凍原凍土解凍冷凍
寒さでからだがきかなくなる。こごえる。「凍死凍傷

とう【凍】[書名]

沢木耕太郎によるノンフィクション。平成17年(2005)「新潮」誌に掲載、同年刊行。登山家の山野井泰史・妙子夫妻による、ヒマラヤのギャチュンカン北壁への挑戦と生還を描く。平成18年(2006)、第28回講談社ノンフィクション賞受賞。雑誌掲載時の題名は「百の谷、雪の嶺」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

凍(とう)

沢木耕太郎の著作。登山家の山野井泰史・妙子夫妻によるギャチュンカン北壁登攀を描くドキュメント。2005年刊。2006年、第28回講談社ノンフィクション賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凍の関連情報