凝塊(読み)ギョウカイ

岩石学辞典の解説

凝塊

再結晶作用でミクライト(micrite)のパッチ,塊や,アロケム(allochems)が合体してスパーライト(sparite)が形成された続成作用の構造に使用する.構造的には塊状石灰岩はミクライトとペルスパーライト(pelsparite)の中間である[Dorlodot : 1915, Cayeux : 1935, Bathurst : 1971].フランス語のgrumeauは塊,パッチの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょう‐かい ‥クヮイ【凝塊】

〘名〙 こりかたまったもの。
※政治小説を作るべき好時機(1898)〈内田魯庵〉「自ら是滑稽の凝塊(ギャウクヮイ)なれば其挙措云為総て絶好の材料にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android