コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

待合 まちあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

待合
まちあい

寄付 (よりつき) ともいう。茶会で客が待合せや着替えなど,席へのぞむ準備をするところ。外露地にある待合のことを腰掛待合といい,内露地にあるのを内腰掛といった。明治以降は待合茶屋の略称として用いられることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

待合【まちあい】

(1)茶会で,客が待合せする所。寄付(よりつき),袴着(はかまつけ)とも。(2)待合茶屋の略。もとは貸席を業とした茶屋。明治以降芸妓をあげて遊興する場所として発展し,政治家などもしばしばこれを使用したから,〈待合政治〉という言葉も生まれた。
→関連項目揚屋

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まちあい【待合】

露地における施設の一。腰掛,袴付(着)(はかまつき),寄付(よりつき)ともいう。《茶湯秘抄》によると〈路地に五畳敷のキヌヌキ有之ナリ〉とみえ,奈良の茶匠,松屋久行は待合のような部屋を設けていた。この衣脱(きぬぬき)は〈今更之様ニ申セ共,昔よりもありたるぞ〉とも誌(しる)されているところから,遅くとも村田宗珠,武野紹鷗(しようおう)の時代より以前からあった施設であることが知られる。茶室に縁が付いていたころには,縁が腰掛の役割をしていたが,松屋久栄の露地では,縁側の前の庇(ひさし)の下に〈長五尺六寸,足フトサ一寸二分〉の床几を置いて腰掛待合に使われていた。

まちあい【待合】

貸席業としての待合は,江戸時代の待合茶屋を起源とする。待合茶屋は,商人の寄合いや旅人の送迎など,本来の待合せに利用する茶屋であったが,明治初年以後は花柳街における芸者との遊興場所として急成長した。これには,政治家や政商などが〈待合政治〉という熟語を生むほどに盛んに利用したことも見のがせず,待合における芸者の売春が公然の秘密であったのも,政治的圧力が介在したといわれる。現在は風俗営業の対象であるが,名称を料亭と変えている地方(東京都など)や,貸席,料理店に含めている地方もあって,概念は統一されていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

待合の関連キーワード待合(待合茶屋)汲み出し茶碗腰掛け・腰掛浜の家 お花雇女・雇仲居氏家かきめし浜の家お花梅廼家鶴寿四畳半趣味出しにする待合遊び出合茶屋茶の湯茶道具露地笠四畳半中立ち三業地商売屋外露地

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

待合の関連情報