コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出山

美術人名辞典の解説

出山

江戸後期の僧。上州生。名は照芳、蓮道人と号する。詩・書・画を能くする。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐ざん【出山】

《「しゅっさん」とも》
山を出ること。
僧が、今まで修行していた寺を出ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっさん【出山】

僧が自分のいる寺から外へ出ること。 ⇔ 帰山
釈迦が修行を終えて、雪山せつせんをおりたこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出山の関連キーワード東京都西多摩郡日の出町大久野香川県三豊市詫間町大浜宮城県大崎市岩出山城山新潟県糸魚川市柱道旧有備館および庭園岩出山しの竹細工スイッチバック大崎八幡神社日の出(町)日の出[町]岩出山[町]三豊(市)陸奥上街道松山[町]色麻(町)木戸瓦窯跡采女(2)紫雲出遺跡中郷古墳群宇佐美江中

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出山の関連情報