コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出山

美術人名辞典の解説

出山

江戸後期の僧。上州生。名は照芳、蓮道人と号する。詩・書・画を能くする。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐ざん【出山】

《「しゅっさん」とも》
山を出ること。
僧が、今まで修行していた寺を出ること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっさん【出山】

僧が自分のいる寺から外へ出ること。 ↔ 帰山
釈迦が修行を終えて、雪山せつせんをおりたこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出山の関連キーワード東京都西多摩郡日の出町大久野香川県三豊市詫間町大浜宮城県大崎市岩出山城山新潟県糸魚川市柱道旧有備館および庭園岩出山しの竹細工スイッチバック大崎八幡神社日の出(町)日の出[町]岩出山[町]三豊(市)采女(2)色麻(町)木戸瓦窯跡紫雲出遺跡中郷古墳群松山[町]宇佐美江中河合翰雪

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出山の関連情報