コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出水川貞右衛門 いずみがわ さだえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出水川貞右衛門 いずみがわ-さだえもん

?-1794 江戸時代中期の力士。
大坂相撲で関脇にすすむ。江戸相撲にうつり,明和-安永(1764-81)のころ16年にわたって関脇,小結で活躍。得意技の「ため出し」は別名「泉川」といわれる。のち天津風定右衛門とあらためた。寛政6年6月29日死去。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

出水川貞右衛門の関連キーワード知識学ロベスピエールロベスピエールサボリペリー葛飾北斎東洲斎写楽クリスチャンボー城共和暦第三年憲法クートン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android